LAN対応シンサラ・導入受付中!ちょっとだけ深いソフトです。

ご相談はお気軽に・沙羅・シンサラ 開発:寺院コム

Line
サポート
遠隔
サポート
お見積り
English
Version
最近の記事
予約相談
沙羅との違い

沙羅との違い【出納帳・会計】

沙羅開発室内では自分たちの申告用実務でシンサラの会計を使っています。
ですので、自分自身で使っていて気づいたところ(こまかいところ)『自分が欲しい機能』を修正・追加しながら開発しています。
例:フリーワード検索、出納帳明細から家情報に即ジャンプ、必要な帳票づくり、、、など

やはり沙羅とは処理スピードが全然違いますので、作業がはかどります!手放せません(笑)

『名簿画面の護持会費欄の横に転記ボタン』をつけたり、『コンビニ払い用紙』もなかなか便利です。『先に請求データを作って消し込んでいく方法』⇒会費系に便利もできるようになりました。

※折角なので、今まで数年に分けていた会計データをまとめて、、、というご要望もお請けできます。
⇒その場合、年度によって勘定科目名を変更されていることもあるかと思います。
実際にその作業を請け負った時には『表示されている明細を別の科目に一括変換』という機能も作り、一瞬でできるようになりました。

(1)スピード向上・ネットワーク対応ですので複数台数からの入力が可能

沙羅ですと数分かかっていた数年分のデータ集計も一瞬で可能です。コンバートは料金に含まれています。
沙羅とは格納できるレコード数のケタも違いますので、数十年にわたって蓄積されたデータを集計、、、という処理も瞬時に可能になると思います。


・SQLServerですので1万レコードを超えてもサクサク集計。処理能力が違います。

(2)集計表の操作感・一瞬で集計表示

・操作感・機能が全然(まったく)違います。

 

(3)明細画面から『家情報画面』へ遷移できます⇒これは便利!

過去の入金履歴がすぐわかりとても便利です。特に人を変えながら、、という場合にはつくづく便利です。
(沙羅ですと閉じてメインメニューまで戻り、それからまた検索して、、、と結構なタイムロスで苦しみました。)

 

(4)『検索履歴⇒メニュー化』機能をつけました。

例えば「墓地管理費の入金のみ」を検索して、それをメニュー化できますので、
複数人数で操作する場合、他の収支科目を見る会計にはパスワードをかける、、、ということができます。

(5)データベースを統一⇒「会計をまたいだ」集計ができます。

沙羅では、各会計ごとにデータファイルが異なっていました。
シンサラでは1つのデータベース・テーブルを使っております。未知数ですが、これもアイディア次第で発展していくと思います。

(6)会計単位でパスワード・またはPCごとに非表示にすることも可能

・会計ごとにパスワードを設定すること
・PCごとに会計メニュや機能の表示・非表示をできるようにしました。

(7)入力画面[科目ごとの本日までの実績額表示]

※家を選んだら、「過去帳呼出」ボタンが使えます。これはなかなか便利です。
※本日までの科目ごとの合計金額が表示されます。

(7)入力画面[家選択~過去帳呼出]

家を選択することにより「家別の入金明細」となります。
「過去帳呼出」で該当戒名を選ぶと自動的に年忌をセットして転記されます。

(8)領収書などへのファイルリンク

※現在は、明細単位でPDFファイルとの紐づけ(ファイルリンク)は作ってあります。

関連記事

PAGE TOP